新人議員研修を終えて

2011年7月5日 08時05分 | カテゴリー: 活動報告

新人議員研修が5月19日から始まり、途中6月議会が招集され、閉会後6月23日
24日の一泊研修を最後に、無事終了しました。

 5月中は4日間、市政の運営方針等と各部(局)、市議会の運営及び事務局、事業部、それぞれの組織と業務の概要について説明と、市の主要な施設の視察でした。
 市議会の運営では、一般質問の予行演習を本会議場で行いました。
視察は、いきいきプラザ、中央図書館、芸術劇場、生涯学習センター、心身障害者福祉センター、リサイクルプラザ、多摩川衛生組合等、に行きました。芸術劇場や生涯学習センターは、昨年、府中ネットで企画した「公共施設見学会」でも見学をしましたが、築20年が経ったこの施設について、あらためてどんな施設にしたいかを考え、提案していく必要を感じました。
市の事業の平和島競艇場へも行きました。府中市はこの事業での収益を繰り入れていますが、平成13年以降大変厳しい状況が続いているようです。

一泊研修は、市民保養所「やちほ」へ行きました。
市内の小学校が、セカンドスクール真最中の為、その視察(大正館)と子どもたちの宿泊地「八ヶ岳府中山荘」も視察しました。府中市では、今年度から全校(22校)が5年生対象に、4泊5日のセカンドスクールを行います。私たちが行った時は、ちょうど「ほうとう」を作り終わった所でした。子どもたちと話すこともでき、「とても楽しい」という児童もいれば、「なんでも自分でやらなければならないので、少し大変」という児童もいて、4泊5日は、子どもも先生も大変だろうなと思いました。
 大学生のボランティアの方も3人いて、スタッフとして活躍していました。

 議員になって早2ヵ月が過ぎました。6月議会の一般質問や委員会、視察と初めてのことばかりで緊張の連続でした。
財政の研修も受けましたが、理解すべきことが多く、日々勉強が必要だと感じています.